So-net無料ブログ作成

Waikikiの回想記③ダイヤモンドヘッド [HAWAII]

クライマー(?)の私としては、やっぱりダイヤモンドヘッドは外せません。

子供(5歳4歳)でも登坂可能!

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg

ワイキキから車で10分強(約3km)のごく近です。
レンタカーがらあっという間です。
バス利用の方は、ダイヤモンドヘッド外周までつれてってくれますが、そこからハイキングが始まりますので、約2倍近く歩くことになります(笑)

入場料は、一人$1ドル
車の場合は一台$5ドル(たぶん何人乗っていてもこの値段)

さあ、暑い中出発です。

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg

平坦基調です。
地元の人はトレッキングコースらしく、ボトル片手に走ってます。
(なぜかBeeさんを思いだしました)それも、たくさんの方が走ってます。
朝6時オープンなのですが、仕事前に軽くランニングの方が多いようです。

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg(沢山の方が登ってます)

ダイヤモンドヘッド頂上はをみてしまうと登るのも気が遠くなりますが、
子供を励ますため、そんな弱気発言が禁物です。

つづら折り区間が終了すると・・・・
vcm_s_kf_representative_640x480.jpg

トンネルが待ち受けてます。
昔は、明かりも無かったようです。
しかし、そのハワイの天気では、目が暗闇のなれるまで時間がかかります。

そのトンネル区間が終了すると、
劇階段区間がスタートです。

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg(登り)

この階段登るのも一苦労ですが、
降りるのはもっと苦労です(笑)

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg(下り)

その次は、極狭螺旋階段です。

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg

アメリカ人同士のすれ違いにはちょっときつそうです。

それが、過ぎ防空壕の隙間をよじ登り、尾根を旋回すると・・・・

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg

ワイキキが一望です。
風が強いので、帽子を飛ばされないよう注意が必要です。

vcm_s_kf_representative_640x480.jpg

(若干こどもが疲れ、ご機嫌斜め)

しかし、ここふくよかな日本人なら決して登らないだろうと思うですが、さすがアメリカ人です。
何人も登って、途中道をふさいでいました(笑)中には、明らかに狭心症だとう思う方々まで。
まあ、あくまでも自己責任ということで・・・

今回の旅行は、バイクジャージを多用しました。ポケットが何かと便利
また、暑いところでも、通気性、発汗性よしでした。また、小さくたためて、しわもきになりません。
リゾート地にはもってこいです。

注意事項として・・・
ダイヤモンドヘッド頂上で、登頂証明書を発行していますが、これは偽物です(笑)
パーク内では、一切の商売が禁止されており、違法なので要注意です。
つまり、この登頂証明書を買ったりすると、売る方も買う方も・・・・・・。
あくまでも自己責任ということで。

正式の証明書がほしい方はホノルル動物園の横の「パークショア・ワイキキホテル」内トラベルデスクで発行しています。登る前に是非立ち寄ってください。

あと、トイレも入り口付近にしかありません。

クレーターの中は乾燥しているので、水筒(ペットボトル)は必要です。

以上

ダイヤモンドヘッド登頂編でした。
まだまだ続きます・・・・・・・。


 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

aosima0714

初めまして!
遊びに来ました!
良かったら私のブログに来てくださいね!
これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
by aosima0714 (2009-07-28 14:12) 

t-bib

aosima0714様
ご訪問ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
by t-bib (2009-07-28 15:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。