So-net無料ブログ作成

老眼 [雑記]

タイトルの通り、老いが確実にやってきています。

気がついたら、「老眼になっていました」なんて話がよく聞きますが、私も気がついちゃいました(笑)

もっとも、私の場合視力矯正(俗に言うレーシック)を受けているので、焦点距離を調整しているので、普通の方より、ちょっと早いのでしょう。

どこで、気がついたか?

吉野やです。

どんぶりを顔に近づけて、ご飯たべようとしたら・・・・
口から箸の先が約4~5cmに近づいたとき、距離が合わないですよ~[もうやだ~(悲しい顔)]

もしや・・・と思い、

後日、ラーメンも食べてみました。やっぱり、最後、食物が入る瞬間・・・・ぼやけます。

文字は、眼球か約ら12cmでぼやけます。

Wikipediaによると・・・
初老(しょろう)とは、の一生で、老化を意識し始めるとされる年代である。かつて男性の大厄である数え年42歳(満40歳)に「初老の賀」で祝ったことから、40歳の異称とされる。しかし高齢者の多くなった現代では、還暦である60歳くらいを指すことも多い。中年熟年と年代的に重なるといえる。

らしいので、すでに初老なのでしょうがないですね。

でも、口に入る食物が、一瞬ぼやけるのはちょっとイライラします。

こんな感情も大きな懐で、対応するのが、初老なのかもしれませんが、私はまだまだ無駄な抵抗をしそうです。

この話を書いているとき、お嬢二号との会話を思い出しました。
お嬢二号は結婚して子供を生まないそうです。

何故か、訪ねると
私には、いつまでもパパでいてほしいとのこと。
おじいちゃんにはなってほしくないとの理由でした[ハートたち(複数ハート)]

なかなか、出来た子です(ここらへんは次女は上手です。お嬢一号はのほほ~んとしています)
まあ娘の結婚は別な意味で今から考えてしまいますが、世の娘のお父さん
お互い大変ですね~。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。