So-net無料ブログ作成

フランス後日談 [France]

今回はかなり珍道中となりました。

まず、出発が、ボージョレーヌーボー解禁日となり、JALのラウンジでイベントがあったためTVにスポット出演

  • やじうまテレビ
  • ニュースゼロ

などに出演したっぽい

しかし、本人は全くみることが出来なかったが、みればきっと後悔の念しかなかったろう

シャルルドゴール空港からパリ市内までも予想より時間がかかり、ちょっと出だしでつまずいた。

朝の通勤時間と夕刻は少なくとも1時間がみておかなときつい

そして、ドイツにTGVで行く予定があったが、日付をまたいで荷物を預ける場所が限られている。

一日ならJCBプラザで無料で預かってもらえるがJCBカードをだれかが保持していることが必要。

モンパルナス駅でもコインロッカーがあるらしい。インターネットでは何人かが利用していた。

一番多いのは、滞在したホテルか、再度利料するホテルに預かってもうらうのが一般的のようだ。

あと、ヤマト運輸パリ支店近くの「うらぱす」というインターネットカフェでも預かってもらえる(ただし有料)

ドイツからパリ東駅、オルリー空港までの移動は2時間でかなりきつかった。

最初からワゴンタイプのタクシーが見つかったのは幸い

しかし、空港には間に合ったが、荷物が23Kgを超えており目的の飛行機には乗れなかった。

日本からビジネス等で直接の場合は問題がないが、一回飛行場を出る場合はかなり注意が必要

それも1バッグしかゆるされず、2バッグめから65ユーロが必要になる

機内は比較的緩やかなので、機内持ち込み制限内での調整が必要

あと、タクシーは基本流れがないので、タクシー乗り場でのるのが基本

東駅で、ポーター(順番をみているひと)の指示がなく、勝手に動くもう一度並びなおさないといけなくなる。

実際、急いでいたため、次のタクシーに乗ろうとおもったら、急に入ってきた老人に文句を言われ、

タクシーの運転者にも怒られたが、ちゃんと並んでいたことを話した。

結局老人は我々の荷物を下ろして、自分の荷物を積んでいたが、さらにポーターが老人の荷物を我々の荷物と間違っておろし出発したため、荷物は取り残される事になった。
しかし、我々は一切他人の荷物には触っていないこと。横取りされたことから、特に何もしなかった。

あの荷物はどうなったのかなあ

機内持ち物にはチョコレートは、固形だろうが、液体だろうが、瓶詰めだろうが一切持ち込み不可。
もちろんマカロンも同様

インターネットでのホテルの予約しましたが、問題なく宿泊ができた。

しかし、JTBで予約したのにもかかわらず、ボルドーの4★ホテルでもなぜか予約がキャンセルになっていた。

原因は、中間業者の手違いだったが、案外インターネットの予約が手数料もかからずいいのかも?

そんなこんあなも、10年前に訪れたフランスよりも英語が通じたのよかった。

ん~やはり、一ヶ月以上立つとわすれていますね~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。